会話を記録すればお客さんも増える

人手不足なのだろうか?ソープランド業界は途切れることなく求人を出し続けている。これを見た元気だけは人一倍の女性が「よっしゃ!儲けたるで!」とやる気を出して店で働き始めた。

だがこの業界、元気だけでどうにかなるものではない。体育会系のノリが有効な職場も存在するが、ソープは文科系の方が活躍しやすいのではないかと思う。読書が趣味だったり、地道にコツコツ日記を書くような人こそがソープで働くには向いているのだ。

上手く行かない女性にちょっとだけアドバイスしよう。その日接客したお客さんとの会話内容をノートに書いておくのだ。あれが好きこれが嫌い等、とにかく記憶している事を出来るだけ多く書くことだ。それを続けていくと、何となくその人の考え方が分かるようになる。断片的な情報も積み重ねて行けば、一冊の本にまとめられる程の内容になる。その情報を元に接客に活かして行くという訳だ。

録音でも良いのではとの意見もあると思う。確かに利点は大きいが、情報が漏れてしまうリスクがある。風俗店での会話はあなたとお客さんにとってトップシークレットと言える。それが外部に流出する事態は絶対に避けなくてはならない。昔ながらの手書きの方が安心だ。

Comments are closed.

オススメリンク
2017年10月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031